美容

プラセンタが美容に利用される理由

人間の肌は25歳をピークにシワが増えたりシミが出たりたるんだりし始める、
いわゆる「お肌の曲がり角」をむかえると言われております。

そこで、多くの人は化粧水や乳液などの化粧品などを使って肌の外側からケアをしますが、
それだけで美肌を維持していくのは難しいというのが実情です。
肌は身体の内側の状況が最も反映されるものだからです。

そこで、身体の内側から細胞レベルでケアすることが
美肌を維持・回復するためには必要となります。
こちらのサイトの お肌の美白にプラセンタのページも、とても参考になります。
そもそもプラセンタって何?
という方はこちらのサイトを参考にすると良いでしょう。

プラセンタは胎盤より細胞分裂を促す成長因子を抽出したもので、
核酸にくわえてリジン、アラニンといった必須アミノ酸(人間が自分で生成できないアミノ酸)
やナトリウム、カルシウムなどのミネラルを豊富に含んでおります。

そもそも胎盤は、妊娠時に母体と胎児の栄養素の連絡器官であり、
胎児を発育させる役割を果たしているのですが、
人間の場合では一般的には妊娠1ヶ月で7.5mm~10mmだった胎児が
妊娠10ヶ月には50cmくらいになることを考えると
たったの10ヶ月で胎児をおよそ50倍ほど成長させるほどの力を持っております。

現実的にはありえませんが、
仮に身長160cmの成人に換算すると10ヶ月で身長80mに到達し、
身長40mと言われているウルトラマンの2倍の身長になります。

そのくらいに胎盤に含有される成長因子には
爆発的な細胞分裂を促すウルトラ級の威力が秘められているのです。

その細胞分裂促進効果、特に繊維芽細胞の活性化により、
当然ながら肌のターンーオーバーを高めてくれます。

新陳代謝が高まり、血液循環を円滑にしてくれるので、
シワやたるみが内側から改善され、
さらにはメラニンを作り出す活性酸素を除去し、美白にも効果があります。
プラセンタと同じく美容効果で知られるセサミンの副作用はあるのか?
こちらのサイトにかかれていますのでご覧ください。

古来からクレオパトラ、マリーアントワネット、
そして楊貴妃などの美女が使っていたとされるプラセンタ。
身近な存在になった現代は女性にとっては素晴らしい時代であることは間違いないでしょう。
こちらのサイトの 美白にもプラセンタのページも大変興味深い解説があります。是非ご覧ください。

Menu