美容

何故馬のプラセンタを利用する?

ここ数年、プラセンタの中で最も人気が高いのは馬の胎盤が原料である馬プラセンタです。

馬プラセンタに含まれているアミノ酸は、豚の約250倍。
さらに豚に存在しない、6種類の必須アミノ酸が含まれているため
価格は高いもののその栄養価の高さが注目され原料に利用されることが多くなりました。

ではなぜ豚プラセンタよりも馬プラセンタは栄養価が高いのでしょう。

それは一回の出産で産まれる頭数が関係しております。
豚は一度の出産で数頭を産むために胎盤が薄くなり栄養価の残存率が低いのに対して、
馬は一度の出産で一頭しか出産しないゆえ、胎盤に厚みがあり有効成分がたっぷりと残っております。
これが馬プラセンタの栄養価の高さの理由です。

また、そもそも馬は豚よりも体温が高いので寄生虫が繁殖しにくく感染症に強い動物でもあります。
食中毒問題で牛の生肉が焼肉店のメニューから無くなった中、
馬の生肉が代わりに食されていたことを考えればその衛生性の強さを容易にイメージできるでしょう。

そしてその中で、特に高級とされているのが、国内産のサラブレッドを原料としているものです。
ご存知サラブレッドは競争に勝つために勾配を繰り返し、その度に劣性のものが淘汰され、
素晴らしいものだけが生き残る、いわゆる馬のエリートです。

それ以外にも徹底した衛生管理下のもとで飼育され血統も全て把握されていることから
原料としての安全性に優れております。

万が一ではありますが、2003年におこったBSE問題のような事件が起こったとしても、
国内産サラブレッドであれば、どこで飼育されたサラブレッドであるかがすぐに追跡できるので
感染の拡散をすぐにストップできるのです。
こちらのサイトでも、馬プラセンタの安全性を説明していました。

馬プラセンタ、特に国内産サラブレッドを原料としたプラセンタは
栄養価、衛生性、安全性の観点から最も優れたサプリメントであるために
原料として利用されるようになったのです。
プラセンタの安全性と副作用についての詳しい解説はこちらのサイトをご覧ください。
最近プラセンタ配合の育毛剤というものが増えているようです。
これは薄毛などで悩まれている方には良い情報ですね。
育毛の効果を高めるにはまず頭皮環境を整えたほうが良いのですがそのためには育毛シャンプーが効果的です。
こちらに男女別の薄毛・抜け毛の原因や人気の育毛シャンプーが紹介されていますのでご覧ください。

Menu