美容

馬プラセンタとは

プラセンタの原料には主に、豚、馬、羊が使われており、
日本国内で主に流通しているサプリメントには豚か馬が使用されております。
オーストラリア、ニュージーランドなどオセアニアでは羊がメインに使用されているようです。

豚の胎盤が原料であるプラセンタは価格がリーズナブルであることと、
最初にサプリメントの原料として利用されたことから
通算で最も多くの人に愛飲されてきました。

その豚のプラセンタと比較すると、約250倍ものアミノ酸が含有されている馬プラセンタです。
さらに馬にしかない必須アミノ酸が6種類も含まれており、
価格は高いもののその栄養価の高さが注目されはじめています。

プラセンタの種類についての詳しい解説はこちらのサイトをご覧ください。
なぜ豚プラセンタに比べ、馬プラセンタは栄養価が高いのでしょう。

それは一回の出産で産まれる頭数に由来しております。
豚は一度の出産で数頭を産むために胎盤が薄くなり、栄養価の残存率が低いのに対して、
馬は一度に一頭しか子供を産みません。
そのため、胎盤に厚みがあり、有効成分がたっぷりと残っております。
これが馬プラセンタの栄養価の高さの理由です。

また、そもそも馬は豚よりも体温が高いため、
寄生虫が繁殖しにくく感染症に強い動物でもあります。
昨今の食中毒問題で牛の生肉が焼肉店のメニューから無くなったなかで、
馬の生肉が代わりに食されていたことを考えればその衛生性の強さを容易にイメージできるでしょう。

そして、馬プラセンタの中でも特に高級なのが、
国内産のサラブレッドを原料に使用しているものです。
ご存知のとおり、サラブレッドは品種改良を繰り返し、競争に勝てる馬のみが生き残った、
「人が創り出した、最高の芸術品」とも呼ばれています。

それ以外にも徹底した衛生管理下のもとで飼育され、
血統も全て把握されていることから原料としての安全性に優れております。
国内産サラブレッドを原料としたプラセンタは
栄養価、衛生性、安全性の観点から最も優れたサプリメントです。
こちらのサイトでお試し用のプラセンタを紹介していました。
プラセンタと同じように青汁のも美容に効果があります。
そんな 青汁のアンチエイジング効果や含まれる食物繊維についてや、青汁の主な原料であるケールとはどんな野菜なのか?といったことがかいてあるサイトがありますので参考にしてください。
お薦め青汁ランキングで1位のステラの贅沢青汁の口コミもありますのでこちらもよかったらご覧ください。

Menu